【早野宏史】サッカースーパープレイヤー育成DVD

2017年01月31日

【サッカーがうまくなる方法】利き足からプレーするポジションに

サッカーで利き足がポイントに?
そういえば、メッシなどスタープレイヤーでは

「利き足」でプレーしているシュートしているって場面よくみますよね。
もしかすると、このサッカー上達のルールは、
あなたの常識をひっくり返してしまうかもしれませんね。

「利き足の前にボールを置く」という事になります。

i_catch.jpg


檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド トッププレイヤーになるための利き足のポイントテクニック


では今から、「シンプルな上達のルール」をご紹介させていただくのですが

あなたは、サッカーが上手くなるには、
「両足とも使えるように、練習をしないといけない」と思っていませんか?

日本のジュニアサッカーでは、特に「両足」で練習することに神経質になっています。

もしかすると、あなたも、これが当たり前のことと思っていたかもしれません。

でも、これって、本当に重要なことなのでしょうか?

サッカー初心者の子どもたちが、よく練習している方法ですが、
2タッチでボールを「右・左・右・左」とコントロールする練習があります。

両足をパタパタさせながら、ボールタッチを覚える方法です。

実際に、多くのチームが取り入れている練習ですし、
あなたも同じように教えているかもしれません。

でも、このドリブルって、試合で使うことありますか?

「相手を素早くかわすために必要だ!」
「ボールタッチの感覚をしっかり覚えよう!」

と教えられ、練習しますが、実際、ほとんど出番はありませんよね。

プロの試合では、まず使われることはありませんし、ジュニアサッカーでも同じです。

試合で使うことのないボールタッチやコントロールをいくら覚えても、
それは、実戦的な練習とは言えませんよね。

サッカーの本場、ブラジルでは、
子どもたちに基礎を教えるとき、両足の練習をさせることはありません。

これはまだ、ほとんどの方が知らないことですが、
ブラジルだけでなく、世界のトップを育てる環境では、当たり前のことなのです。

なぜなら、上手くなるため、そして、試合で勝つためには不要な技術だからです。

そのため、多くの時間を割き、どれだけこのドリブルを練習しても、
試合でその技術を活かすことも、練習の成果を実感することもできません。

実は、このような「試合に繋がらない練習」は、至るところで見られます。

これら「練習の矛盾」を解消し、合理的な方法で上達しようという考え方が、
これからご紹介する、シンプルな「上達のルール」です。

サッカーが上手くなるには

さらに、上達するには、「利き足」でプレーするようにする
レベルアップさせるという点が必要になります。

子どもたちが、サッカーの技術をぐんぐん伸ばし、試合で勝つ喜びを知り、
そして、充実した学校生活をおくれるようにするには、どうすればいいのか…?

あなたにできることは、子どもたちが大きく成長できる、
頑丈な「土台」を作ってあげることではないでしょうか。

まだ成長段階にある子どもたちが、サッカーで覚えるべきことは、
高い技術でも、派手なプレーでもなく、しっかりとした「基礎」です。

小学生であれば、中学生になっても、
中学生であれば、高校生になっても、

上達の壁にぶつかることなく、ぐんぐん一直線に成長できるように、
間違いのない、正しい基礎を覚えさせることが大切です。

子どものやりたいようにさせたい、派手なプレーをさせたい気もちはわかります。

でも、サッカーの上達には、「練習する順番」があるのです。

いちばん成長できる時期なのに、上手くなるために後戻りして、
基礎からやり直しなんてことでは、あまりにかわいそうですよね。

本当に大事なものをおろそかにし、
わるいクセが染み付いてしまったのでは、元も子もありません。

しかし、サッカーにおいて、基礎が大事なのは当たり前。

問題は、

「どうすれば、頑丈な土台が作れるのか?」
「簡単に覚えられるものなのか?」

というポイントですよね。

ご安心ください。

結論から申し上げると、子どもたちにしっかりと基礎を覚えさせ、
短期間で上達させるには、一つのシンプルな「ルール」があります。

新米コーチでもすぐに教えられる簡単なルールですが、
この事実に気がついている指導者は、まだほとんどいません。

なぜなら、この上達のルールは、
ブラジル一部リーグで活躍した、ある日本人プロ選手が発見したルールだからです。

今からくわしくご紹介させていただきますが、
あなたは、これからご紹介する方法を知って、すこし驚くかもしれません。

日本では一般的に「こうした方がよい」と子どもたちに教えている方法が、
サッカーの本場、ブラジル一部リーグで活躍したプロは、

「サッカーが上手くなるのに、そんなものはいらない」
「試合に勝つことを考えれば、邪魔になるだけだ」と、教えているのですから!

でも、この指導法の効果は、すでに実証済みです。

サッカー上達に
利き足がポイントってあまり聞いた事ないかもありませんが

そういえば、やっぱりトッププレイヤー
スタープレイヤーの

サッカーの試合を思い出すと、利き足でプレーし
活躍している所思い出しますよね。

無理に、両足でプレーしなくても

利き足に集中してサッカーする事で

レベルアップできると点に


檜垣裕志のサッカーテクニック向上メソッド 〜トッププレイヤーになるための利き足のポイントテクニック〜

・正しい基礎が身についた
・からだの軸が安定した
・コーチの指示がよく聞こえるようになった
・ドリブル、パスのコントロール精度がアップした
・トラップのミスが少なくなった
・ボールタッチの感覚がよくわかるようになった

などなど、しっかりと基礎をかため、非常識なスピードで上手くなっています。

ですので、もしかすると、このサッカー上達のルールは、
あなたの常識をひっくり返してしまうかもしれませんね。

では今から、「シンプルな上達のルール」をご紹介させて

あなたは、サッカーが上手くなるには、
「両足とも使えるように、練習をしないといけない」と思っていませんか?

日本のジュニアサッカーでは、特に「両足」で練習することに神経質になっています。

もしかすると、あなたも、これが当たり前のことと思っていたかもしれません。

でも、これって、本当に重要なことなのでしょうか?

サッカー初心者の子どもたちが、よく練習している方法ですが、
2タッチでボールを「右・左・右・左」とコントロールする練習があります。

両足をパタパタさせながら、ボールタッチを覚える方法です。

実際に、多くのチームが取り入れている練習ですし、
あなたも同じように教えているかもしれません。

でも、このドリブルって、試合で使うことありますか?

「相手を素早くかわすために必要だ!」
「ボールタッチの感覚をしっかり覚えよう!」

と教えられ、練習しますが、実際、ほとんど出番はありませんよね。

プロの試合では、まず使われることはありませんし、ジュニアサッカーでも同じです。

試合で使うことのないボールタッチやコントロールをいくら覚えても、
それは、実戦的な練習とは言えませんよね。

サッカーの本場、ブラジルでは、
子どもたちに基礎を教えるとき、両足の練習をさせることはありません。
posted by サッカー上達育成マニュアル at 05:52| 利き足のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする